2015年5月1日金曜日

当ブログのモチベーション


世の中、楽しいこともあればつらいこともある。
望んだものが手に入る保障などありはしない。当たり前のことだ。
しかしそれでも敢えて強調したいのは、「心を患う者にとって、あらゆる不運が拡大する」という現象である。

何らかの問題に遭遇した時、心が不自由な者はその内的・外的な力の乏しさから、不当とも言える苦労を強いられることになる。
世間にあふれた「些細な問題」が不自由な心を持つ者にとって「極めて困難な問題」になるというのは日常茶飯事だ。
その上、そういう重苦しい道のりを「人に応援されていない」という思い(あるいは事実)のなか歩んでいかなければならない。

私が瞑想に強い関心を持ちつづける理由は、上記のような苦しみを身を以って知ってしまったからだ。
その焼かれるような苦しみと戦う人生が存在するということを知ってしまった。
最低限の威厳や可能性に始めから蓋をされるような損失に打ち勝つために、今日も誰かが戦っている。
そのことが私の頭から離れる日はこの先もやってこないと感じている。

幸い私は「瞑想」に出会うことで救われた。
「瞑想」には不健康な心から抜け出すための本質が詰まっている。
とっつきにくいところがあるのは確かだが、ほかの何にも勝る効果・意義があるので、生きるのが苦しい人は絶対に取り組んで欲しい。
ここで語ってどうなるわけでもないかもしれないが、救いを求める一人の目にでも届けばよいと思っている。

最も苦しかった頃、私は心を病む人生というものが「損失と苦痛の塊」にしか感じられなかった。
そのような悲しい生き方があってはならない。
そんな祈りが、当ブログのモチベーションである。




2015年4月11日土曜日

無題


20136月に始めた当ブログを、ひとまず幕引きとしたいと思う。

約1年10か月続けてきた当blogであるが、書きたいこと・書けることをだいたい書き終えたように思う。
うつ病の方が読むことも想定しているので、記事が多くない方がよいとも思っている。

訪問して下さった方々との御縁に感謝したい。
さらに、貴重な時間を割いてコメントまで下さった方々には御礼の言葉もない。
簡素なブログ運営だったが、その醍醐味を味わい、楽しい経験をさせて頂いた。

世の中の『生きる苦しさ』を抱えた心が少しでも癒やされ、そしてその全てが健やかに、最大限元気になる日がくることを願って止まない。
お付き合い頂き、どうも有難うございました。

white-grey               



「考える」生活から「感じる」生活へ


うつ病改善の道のりは自分の身体をしっかり感じなおす道のりだ。
それは考えごと最小化の道のりとも言える。

前回述べたように、うつ病では「考えごと」が体調悪化の原因になる。
このことは、ほとんどあらゆる行為が症状を悪化させる危険性をもつことを意味する。
何らかの「考え」に基づかない行為というのはほぼないからである。

したがって、うつ病になったらとりあえず「活動」を最小にしよう。
「何もしない」のがベストということだ。
可能な限り活動をやめ、瞑想的な過ごし方に励む。

瞑想に取り組む上で、私が重要だと感じたことを改めて記したい。


何をするか
深呼吸しながら、
・「今の身体の感覚」を感じる
・「頭に浮んだ場面(過去など)における身体の感覚」を思い出す
 
注意点
① どの場面を扱うかは思いついたままでよい(神経質になるのが一番よくない)
② 身体感覚は、最終的にはなるべく全身の感覚を「同時に」思い描く
③ 「目」に入れていた力の再現を忘れない
④ その場面で他者を意識したことよる内面の力みも探ってみる
⑤ 深呼吸をキープする

解説
②の「全身を同時に」は慣れてきてからの目標。はじめは一箇所を感じることに慣れることから始めてOKだし、数か所だけでもよいだろう。ガンバり過ぎないこと。
③の「目」の力みは見落としやすい。目にどんな力が入るか。何を見ていたか。
④意識する他者により、内面に生じる感触(力み)の違いにも注目してみる。

(身体を感じるということがピンとこない場合は、スローモーションの記事も参照頂きたい。)


ちなみに上記のワークは健康な人にもメリットがあるだろう。
心の働きが整い、集中力の分配や感情のバランスなどが改善するはずだ。


**********

余談だが、上記を高度に進めていくとどうなるだろうか。
それはブッダが言った「悟り」に通じていく話である。

悟りの境地、それは人間が生まれて物心がつく前の、未だ情報によって影響を受けていない内面のことだと私は思っている。
つまり「悟り」とは先へ進むことではなく、元に戻すことなのだ。

そんなふうに想像の羽根を広げるのは楽しい。
しかしこの先を語り尽くすことは、私の能力や検証に割ける労力を明らかに超えていくように思われる。
今は、ほどほどに控えるのが良さそうである。



2015年4月10日金曜日

うつになったら「考えごと」をやめよう 2


うつ病になってから、私はいつもコンディションの「変化」に悩んでいた。
何をしたわけでもないのに体調・内面の感触がコロコロ変わり、常に後手の対応を迫られる疲弊した日々を過ごしていた。

当時は「なぜ何もしないのにこんなに体調がフラつくんだ?」と、ただ戦々恐々と過ごした。しかし「何もしないのに変化する」という認識は今にして思えば正しくなかった。
本当に何もしていないなら、基本的に変わるはずがない。
実は当時、問題行為を無自覚のまましていたのである。

それは、「考えごと」であった。


これまで再三にわたり「うつ病では自らの身体感覚に無頓着なのがダメ」と述べてきたが、実はその多くが何気ない「考えごと」の最中に自動的に生じる。

考えごとをすると、それだけで意識は少し身体感覚から離れる。
前回述べたように、考えごとは基本的に「視点を他者に移す=主体を明け渡す」行為であり、その内容の健全さに関係なく身体感覚の受け止めを疎かにさせる。

うつ病などの回復が難しいのは、「考えごと」を何気なしにしてしまうからだと私は思う。
うつ病になっても当然それまでの延長で考えごとをするが、実はそれわが病気に燃料を注ぐ行為になっていくのだ。
恐ろしいことである。
さらに言うまでもなく、病気になれば「心配」という「考えごと」が増大する。


ではどうしたら良いかだが、だからと言って考えごと自体を減らそうと頑張らなくていい。
それよりも本来の目的どおり「身体の感覚を感じ取る」時間を増やすことを心掛けるといい。それで自然に考えごとも減る。
なーんだ、と思うかもしれないが、「考えごと」の危険性を一旦しっかり認識するのが大切なのだ。
それはいつもあまりに何気なく湧き起こり、そのまま簡単に「身体感覚の無視」状態へ私たちを導く。
そのことを頭で理解しておくことが、様々な場面で生きてくるのである。

つづく。



2015年4月3日金曜日

うつになったら「考えごと」をやめよう 1


うつ病になったら「考えごと」を極力やめなければならない。
余計な考えごとを、ではなく考えごと全般、そのものをである。

話の順序として、まず「考えごと」がどんな姿をしているのか考えてみたい。

生活のあらゆる場面で行なわれている「考えごと」というものは、形としてはムービーのようなものだと思う。薄められた映像音声のようなもので構成されている。

それらを観察してみると、「自分以外の」登場人物の見解や思惑を追いかけていることが多い。個人差はあると思うが、かなりの頻度で「他者の感じ方を想像」しているのではないだろうか。

その他者の範囲は、友人や知人から、果ては会ったこともない者・架空の人物にまで及ぶ。
「私の考えごとなんだから主人公は私だろう」というのは思い込みであり、われわれの内面は想像以上に「他者の気持ちへ出張」しがちなのだ。

無論健康な人にとっては、それは特別危険のない行為だ。
しかし上記のように考えごとは「主体を明け渡す」という側面がきわめて強い行為である。
まずその点をうつ病患者は認識する必要がある。

つづく。



2015年3月27日金曜日

Babies cry


職場の隣が小児科のクリニックになっていて、仕事中しばしば子供の泣き声が聞こえてくる。
号泣する声が「思いきり響いて」くるというレベルだ。
注射や医者が怖くて泣いているのだ。
もはや半狂乱になっている子もおり、仕方ないこととは言え可哀想に思う。

かつてそれについて、「そんなに恐ろしい思いをして、精神に影響はないのだろうか?」と思ったことがある。(心の問題を長年抱える私は「ストレス」について考察する癖がある。)

その子供達は、事情を知るこちらでも耳を塞ぎたくなるくらいの大声を張り上げ、自分を守ってくれないママやパパを非難しながら、まさに絶体絶命の危機を訴えている。
人間が「泣き叫ぶ」など滅多にあるものではない。
もちろん子供の世界では当たり前なわけだが、ともかく私自身が「泣き叫ぶほどのストレス」に今直面したら、自分がどうなってしまうのか想像もつかない。

しかしそのように注射などを恐れた子供が、それで人格形成に異常をきたしたという話は聞かないのである。

これについて一つ言えることは、「泣き叫んでいることがよいのだと思う。
大きな恐怖ではあるが、それを拒絶し、相手を罵倒し、人目はばからず全身で抵抗する、そうやって「我慢していない」から大丈夫なのだ。

「拒絶する意志」を手放すのが危ない。
ストレスは、それに「堪え始める」ところから発動する
どんなストレスかといった内容よりも、そこがポイントだと思う。

その子供達にも、いつしか注射をされても泣かなくなる日がくる。
「みんな泣いてないから僕も泣かない」など、当人達が納得を得ながら自主的に恐怖を乗り越えていく。

大人の世界でもいつもそういう納得が得られるならありがたい。
しかし現実はそうはいかず、腑に落ちぬまま堪えなければならぬことや、注射のように単発でない反復的・長期の関門もやってくる。


「忍耐」には美徳の面があるが、無理を感じたら思い切ってそれを放棄することもとても大切だ
大人だって、時にはキャパシティの限界を叫ぶべきだ。
いざという時に「我慢」を放棄する勇気さえ持てば、「苦境」というものもさほど怖くないのかも知れない。


2015年3月20日金曜日


私達の奥底にある『健やかに生きよう』とする火は決して消えない。
その火こそ、私達の存在そのものである。

ボロボロになっても、そこを抜け出すきっかけに気づくセンスが失われることはない。
私達の根元は、機会の到来をいつまででも、伏せながらでも待つ。
最小の準備が整えば、必ずやそれを土台に立ち上がり、力強く歩き出す。


『私を守り生かす』という任務を、私の根本は投げ出さなかった。
一見すべてを放棄したかに見えた、苦痛と恐怖に屈した日。
その日のそれらも、苦痛は私へのシグナル、恐怖は私をそれ以上無茶な道へ進ませぬための障壁として用意された、自らの適応力の産物であった。
粛々と任務は遂行されていた。


人は壊れない。
抜け道が見えづらい状況があるだけである。
混乱が一定まで収まれば、心身は自ずから正しい一手を打ち始める。
感性が向上し、快適な方へ向かえる日が必ずくる。

燃え続ける火を信頼し、時にはすべて忘れて休むといい。
自分の本来の強さを信じるのである。